一定期間更新がないため広告を表示しています

「最近やけに手元がぼやける…」
このように感じ始められた場合、まず疑われるのが老眼です。

ただ、こうして書くと「いや、まだそこまで年をとってないし!」
と、思われるかもしれません。

 

老眼が始まる年齢



基本的に老眼は「45歳ごろから始まる」といわれており、そのころから
手元の文字がぼやけたりする、という症状が現れます。

しかし最近ではスマホの普及、パソコン業務の増加から、もっと
若いころ(30代)からこのような症状を感じる方も増えているようです。

 

眼鏡をはずしたらよく見えるのは老眼の初期症状



「あれ?眼鏡をはずしたらよくみえるけど、これでも老眼?」
という、裸眼の方が近くの文字が見やすくなる、という症状は
老眼の初期症状です。

老眼というのは簡単にいえば「目の調節力の衰え」を意味します。
例えば近視の方の場合、遠くも見ることができるように近視用メガネを
かけますが、このメガネをかけながら「遠くも見つつ、近くもみる」という
作業が、目の調節力の衰えのため、できなくなったのが理由です。

なので、メガネを外せば本来の「近視」のため近場の文字が見えます。

このような場合「遠近両用のメガネ」を購入するのも一つの手です。
(近くても遠くても見えやすいメガネです。眼鏡屋さんで相談
してみてください。)

 

急に手元がぼやけるようになるのは病気の可能性も



また「急に目がぼやけて見えにくくなる」という症状の目の病気も
ありますので、注意が必要です。

例えば「網膜剥離」。
「片目だけ見にくい」や「一瞬オレンジの光の円が見える」
といった、老眼にはないような症状の場合、網膜剥離が疑われますので
すぐに眼科で見てもらうことをお勧めいたします。

急に目が見えにくくなり、「なんか老眼とちょっと違うかも…」
と不安に思われているのであれば、早く眼科でみてもらいましょう。

 

普段から目の健康を意識した生活をする



このように目元がぼやける理由は「老眼」や「目の病気」などの
理由が考えられます。

目の病気の場合話は別ですが、老眼の場合、これはだれしもに
訪れる問題です。

年を取ると必然的に目は衰えてしまいます。
なのでできる限り、普段から「目の健康」を考えた
私生活を習慣付けるようにすることが大切です。

例えばブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という栄養素は
目にいいことが証明されているので、普段の食生活に取り入れること
も一つの老眼対策になるといえます。

老眼の進行状況は人によって様々。
このような習慣づけを行っているのといないのとでは
高齢になってから「目の見えにくさ」という面で大きく
違ってくるかも知れません。

アントシアニンが豊富に含まれているサプリメントはこちら
ビルベリー×アサイーのWベリー配合サプリ!

アントシアニンがブルーベリーの5倍含まれているという
アサイーベリーを使ったサプリメントです。
このような商品もありますのでよろしければどうぞ。

では以上です。失礼します。





 
コメント
コメントする