一定期間更新がないため広告を表示しています

老眼というのは基本的に「40代半ば」から発症するのが
一般的といわれていますが、スマホやパソコンの普及により
若い人たちが目を過度に使用してしまっているため、
20代や30代といった若い人たちにも老眼のような症状が
現れることがあります。

これが「若年性老眼」ですが、どのような症状があらわれるのでしょうか?

 

老眼のような症状が発生



若年性老眼に見れる「老眼のような症状」とは以下のようなものです。

1. 夕刻になると目がショボショボ・ゴロゴロする
2. 午後以降に軽度の頭痛や肩こり、目の奥の痛みや項部痛がある
3. 特に薄暗い場所で手元が見にくい・離して見る必要がでてきた 

思い当たる節がありましたか?
若年性老眼にはこのような症状が見られます。

このようにならないためにも普段から
パソコンを長時間使用するときは、定期的に
視線をパソコンから外し、目を休憩させるたり

眼球を思いっきり左右上下に動かして、目の筋肉の
ストレッチをさせたり

普段から健康的な食事、適度な睡眠、運動を心がけたり。

普段の生活の中で「目の健康を意識する」ことが大切です。
目が悪くなってしまったら不便なのはいわずもがなです。

できる限り健康な目の状態で長生きしたいものですね。